放課後等デイサービスとは?

放課後等デイサービスは、平成24年4月にスタートした障害のある子どもたち(小学生〜18歳)を対象にした療育を目的とする福祉サービスです。
児童デイ、放課後デイと呼ばれることがあります。

障がいのあるお子さんを対象に、日常生活における基本的な動作の指導、集団生活への適応訓練を行います。
放課後デイの制度としての目的は以下のように表現されています。

学校通学中の障害児に対して、放課後や夏休み等の長期休暇中において、生活能力向上のための訓練等を継続的に提供することにより、学校教育と相まって障害児の自立を促進するとともに、放課後等の居場所づくりを推進。

児童福祉法の一部改正の概要について
厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部 … 続きはこちら